森田望智はスケートもプロ並み?その多彩な才能と女優としての歩み

俳優・アーティスト
森田望智(引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/c6282d72079965ebe999871c91b7a68376638517)

朝ドラ「虎に翼」(NHK)の放送が始まり、視聴者からの評価も高まっているなか、女優・森田望智(もりた・みさと)さんの演技が注目を集めています。

彼女はスケートの才能も持つ多才な女優としても知られており、その経歴や演技力は多くのファンを魅了しています。

この記事では、森田さんのフィギュアスケートやバレエの背景、女優としての道のり、オーディションでの秘話など、彼女の知られざる一面に迫ります。

森田望智のフィギュアスケート歴

本人のインスタグラムより引用

女優として活躍する森田さんですが、彼女のフィギュアスケート歴は特筆に値します。

彼女は、3歳という幼少期から小学5年生まで、10年間にわたってスケートを続けていました。

この長期間の練習経験は、森田さんの身体能力や表現力に大きな影響を与えたようです。

森田さんがスケートを始めたきっかけや理由は、はっきりとはわかっていませんが、3歳からフィギュアスケートを始めるというのは、通常の子供に比べても非常に早い段階です。

親の勧めや自身の興味があったのかもしれませんが、その年齢でスケートに挑戦し続けたことは、森田さんの持続力と忍耐力を示しています。

小学5年生までの10年間という長い間、スケートを続けていた背景には、フィギュアスケートへの愛情や情熱があったことでしょう。

スケートを上達するために、クラシックバレエも習っていたという点からも、森田さんの取り組みの真剣さが伝わってきます。

クラシックバレエを披露する森田望智(引用元:https://ageteke.jp/topics/344/items/46890)

バレエはフィギュアスケートの技術を向上させるための補完的な訓練として知られていますが、森田さんはスケートのレベルアップのために、クラシックバレエを選んだようです。

しかし、小学5年生の時点で、森田さんはフィギュアスケート選手としての限界を感じたようです。

彼女はインタビューで、スケート選手としての道を断念した理由として、練習の過酷さと才能ある子供たちに追い抜かれる現実を挙げています。

引用元:https://mainichi.jp/articles/20240405/orc/00m/200/094000c

スケートを辞めた後、芸能界への道を選んだのは、スカウトされたことがきっかけでした。

フィギュアスケートでの競争を経て、芸能界という新たな舞台で自分の力を試してみようと決意したのでしょう。

この10年間のフィギュアスケート経験は、森田さんの表現力や身体のしなやかさに大きく影響しているようです。

彼女の演技には、スケートで培った基礎体力や美しい動作が活かされています。

さらに、厳しいスケートの練習を続けたことで、森田さんは役者としての強い意志や集中力を身につけたのかもしれません。

森田望智さんのフィギュアスケート歴は、彼女の女優としての成功に向けた第一歩であり、そこで得た経験と教訓が、今の彼女を支えていると言えるでしょう。

芸能界入りのきっかけ

森田さんが芸能界入りしたきっかけは、小学5年生のときのスカウトでした。

スカウトされた際、家族と話し合い、フィギュアスケートと芸能活動のどちらかを選ぶことになり、彼女は芸能界の道を選びました。

これには、スケートのライバルたちとの競争に限界を感じたことも影響したようです。

彼女は才能を持った子たちには勝てないと悟り、芸能の道に舵を切りました。

女優としての歩み

森田さんは、スカウトされた後にレッスンを受けながら、徐々に女優としてのキャリアを築いていきました。

小学生時代に芸能界に興味を持ったのは、近所で撮影が行われているのを見て、自分もその中に入りたいと思ったことがきっかけだったそうです。

こうして、子役としての活動をスタートさせました。

森田さんは、ドラマ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」のエンディングで、見事なダンスを披露し、その実力を見せつけました。

引用元:https://encount.press/archives/28332/

フィギュアスケートやクラシックバレエの経験が、女優としての彼女の表現力にも活かされていることは間違いありません。

オーディションでの秘話

森田望智さんは、そのオーディションでの取り組み方からも、役作りへの情熱と独自のアプローチが際立っています。

彼女が注目を集めたNetflixのドラマ「全裸監督」では、オーディションに臨む際に驚くべき準備をしていました。

「全裸監督」で森田さんは、伝説のセクシー女優・黒木香を演じることになりましたが、その役を獲得するためのオーディションで彼女は一風変わったアプローチをしました。

引用元:http://doramakansou-arasuji.xyz/archives/13105

黒木香は個性的な風貌を持つ女優として知られており、特に脇毛がトレードマークとなっていました。

森田さんは、オーディションで自分を黒木香らしく見せるために、なんとマーカーで脇毛を描いて参加したのです。この大胆な発想と行動力に、オーディションを担当していた監督やスタッフは驚かされました。

オーディションに臨むにあたって、役柄の特徴を最大限に表現しようとする彼女の姿勢が、このオーディションでの成功につながったと言えるでしょう。

さらに、森田さんは「全裸監督」だけでなく、他のオーディションでもユニークなアプローチを取っていました。

例えば、あるオーディションでは、架空の弁当を作って相手に渡すシーンがありました。

通常なら、演技でその場面を表現するだけで済むところを、森田さんは実際に弁当を作って持参し、相手に手渡したのです。

引用元:本人のX

これは、役柄の状況をリアルに再現しようとする彼女の熱意とクリエイティブな発想を示しています。

森田さんのオーディションでのエピソードからわかるのは、彼女がただ演技をするだけではなく、役に入り込むためにできる限りの準備をするということです。

役に対する理解と、それを実際の行動で表現しようとする彼女のアプローチは、オーディションの場で特別な存在感を放ち、結果として役を獲得する要因となっています。

「全裸監督」のときの森田望智(左)(引用元:https://note.com/netflix/n/n5cf4fc0587eb)

監督やスタッフにとって、オーディションで森田さんが見せるこのような独特なアプローチは、彼女の真摯な姿勢を強く印象づけるものでしょう。

まさに、オーディションの段階から、森田さんの役作りへの情熱と独自性が際立っていると言えます。

まとめ

引用元:https://wadai7.com/archives/11518

森田望智さんは、フィギュアスケートやクラシックバレエを通して培われた経験と、女優としての情熱を兼ね備えた多才な女優です。

彼女の多様な才能と、オーディションで見せる並外れた意志の強さは、今後のさらなる活躍を予感させます。

朝ドラ「虎に翼」での演技はもちろん、今後出演する作品でも、彼女の個性豊かな演技から目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました